安全に走行するために国産のスタッドレスタイヤを選ぶべし!

スタッドレスタイヤの特徴を押さえてちゃんとしたものを選ぼう

寿命かどうかをチェック

女の人

スタッドレスタイヤには、寿命があります。去年使用したものを今年も利用する際には、タイヤの溝が適切な深さかどうか、ゴム自体柔らかい状態を保っているかどうかを確認しておきましょう。

詳細

安く利用するには

メンズ

冬場に欠かせないスタッドレスタイヤですが、積雪量が少ない地域だと、すぐ路面は元通りになります。予算を抑えてタイヤを替えたい場合は、レンタルサービスを利用するのがおすすめです。

詳細

柔らかな素材のお陰で

タイヤ

冬場の路面を走行するのに欠かせないのが、スタッドレスタイヤです。仕組みとしては、通常のタイヤよりも溝が深く掘られているところです。また、タイヤのゴム自体も通常のものよりも柔らかめの素材で作られている代物となっています。なぜ、通常のものと比べて材質や作りが違うのかというのには理由があります。滑りやすい雪道を走行する際には、凍結した路面にある水を溝が吸収することによって、ブレーキをかけやすく出来るからです。また、ブレーキ以外では、曲がり角を走行する場合でも、横に滑って行きにくくなっています。雪で凍結した路面でも、交通事故を発生する頻度を少なくするための工夫となっているのです。一見、同じタイヤに見えますが、微細な部分で異なる特徴を有しているのですね。そんなスタッドレスタイヤですが、選ぶ際には危険な雪道を車で走行することを考えて、適当なものを選ばないほうが良いです。購入して、装着する際には国産のスタッドレスタイヤを利用するのがおすすめです。国産のものなら、日本の道路事情を考慮して作られているので、スリップするリスクが比較的少ないからです。タイヤの専門店を利用する際には、外国産のものをすすめてくるところもありますが、安全面を考慮して国産のタイヤを選んで装着すれば、スリップやクリープのトラブルを未然に防ぐことが可能になるのは間違いありません。路面の水を吸収しやすい国産のスタッドレスタイヤで、冬場でも安心のドライブを満喫しましょう。

1ヶ月前あたりがおすすめ

車と電卓

スタッドレスタイヤに交換する場合は、天気予報で明日雪が降るという予報を確認した時点で依頼するのは遅いです。出来るだけ降雪時期の1ヶ月前あたりに専門店へ行くのがおすすめです。

詳細